電気の事なら当社にご相談下さい!!
HOME >> オール電化 VS ガス

オール電化 VS ガス

現在は、ガスを使用しているけど、オール電化を導入したら、何が変わるのでしょうか? 実際に比較して見ましょう!

コスト

オール電化を導入した住宅では、通常の家屋用の電力料金体系とは違う、安い料金体系が適用されるようになります。 深夜電力の適用もうけることで、電力だけにエネルギーがシフトすることによる割高感はさほどないでしょう。 基本料金や利用料金が一本化されるため、トータルの光熱費は安く抑えられます。 ただ、ガスはガス管が既に設置されており、器具も安価なものが一般なのに対し、オール電化は、器具のみだけではなく、設置工事、ガス閉栓工事、電気工事等が必要となります。 初期費用と、オール電化の導入により抑えられる光熱費をしっかり比較検討することが必要ですね。

IHクッキングヒーターVSガスコンロ

火加減の調整やタイマーなどの機能が豊富ですから、火加減の難しい揚げ物や、長時間の調理の必要な煮込み料理などにとても便利です。 天板がフラットな構造になっているため手入れが簡単というメリットがあります。 炎による上昇気流がないため、煙がでない、油が飛び散らないなど、汚れにくいというメリットもあります。 火を使わないので火災や火傷のリスクが減らせます。ガス中毒の心配も無いので小さいお子様やお年寄りにも安心です。 さらに、火がないため、キッチンの室温もあがりにくく、夏場のお料理も快適に行えます。 では、ガスコンロはどうでしょうか? 一般に、ガスはIHクッキングヒーターに比べて火力が強いと思われていました。 しかし、直接鍋を加熱するIHクッキングヒーターの方が現在は優れていると言えます。 また、ガスは、ガス漏れによる引火や一酸化中毒により惨事に至る可能性もあります。 ただ、そこの丸い鍋、アルミ、土鍋(陶磁器)などIHには向かない調理器も自由に使えるというメリットがあります。

電気温水器VSガス給湯器

電気温水器はガスと比べてどのようなメリットがあるでしょうか。 一番にあげられるのは、電気温水器のランニングコストです。 昼間より約70%も割安な夜間の電気を使い、高効率なヒートポンプシステムで沸きあげるので、ランニングコストは安く抑えられます。 家族4人の一般的な家庭で、月平均1,000円程度(※)というバツグンのコストパフォーマンスです。 しかし、電気温水器は、お湯を蓄えるために設置スペースを大きくとる必要があります。 ※【試算条件】 給湯負荷: IBEC((財)建築環境・省エネルギー機構)Lモードの43℃換算湯量(421L/日)+風呂保温(6.7MJ/日) 外気温度、給水温度: (社)日本冷凍空調工業会規格(JRA4050:2005)による 消費電力量: 300Lフルオート(ヒーターレス保温)タイプでの試算、機器効率・除霜・沸き終い損失を含む、定格・冬・夏の3期間の消費電力量を計算 消費ガス量: 従来型燃焼式給湯器(都市ガス)の機器効率80%(東京ガスカタログによる) 電気料金: 東京電力「電化上手(季節別時間帯別電灯)」、通電制御型夜間蓄熱式機器割引あり、燃料費調整額を除く (給湯使用量・気象条件などにより試算値は変動します。) また一度の給湯量に限りがあるため、一度に大量の湯を集中的に使用した場合の湯切れが心配です。 しかし、現在の機器ではマイコン制御により、湯切れが起こらないように自動的に調整する機能があり、湯切れの心配は少なくなりました。 これに対し、ガス給湯器はガス管が既に設置してあるため、初期費用が安く済みます。 また、お湯切れなどの心配はありません。

暖房機(ストーブ・エアコン・床暖房など)

電気式床暖房は、床を暖めることにより、じんわりと室内の温度を上げるので、素早く室温をあげるという点ではガスや石油ヒーターのほうが優れているといえます。 しかし、近年多く建築されている高気密・高断熱住宅では結露や空気質が悪くなりやすい状況にあるといえます。 結露を防ぎ、空気質を悪くしないためには、室内での燃焼を抑えるため、ガスや石油ではなく、電気による暖房が望ましいといえます。 環境に対する配慮、健康に対する配慮、安全面などを総合的に考えて、電気式暖房を選ばれる方も多いようです。


前田電気株式会社  〒912-0014 福井県大野市中保21-12  TEL:0779-65-0532  FAX:0779-65-0530